イラマチオ好きの男性心理17選&イラマチオ好きの女性の特徴10選!

恋愛心理

イラマチオとは?

イラマチオとはフェラチオの発展形で「男性が主導して女性にチ〇コを咥えさせて動かす行為」です。

オーラルセックスの一種であり、比較的アブノーマルなプレイの1つとして認識されています。

通常のフェラチオは女性側が主導してチ〇コを咥えこみ、女性が頭を動かすことでチ〇コに疑似ピストンのように刺激を与えます。

しかしイラマチオの場合、女性の口は温かい粘膜の空間にしか過ぎません。

口にチ〇コを挿した男性は、女性の口を固定して思うがままにピストンをして快感を得るのです。

多くの場合は男性が仁王立ち・女性が膝立ちになって、男性のチ〇コの位置と女性の口の位置が合うように調整します。

そして男性は女性にチ〇コを咥えさせ、女性の肩や頭を持って前後に腰を振るのが一般的でしょう。

更にアブノーマルなパターンは、女性を仰向けに寝かせ、男性が自分のチ〇コを女性の口にねじ込んでピストンするというもの。

こちらの方が男性にとっては「女性をシコるための道具として使っている感」が出て興奮する人も多いですが、女性としては自分が射精のための道具として使われているような感覚になって嫌な気分になる人も多いと思います。

ではなぜ、男性は女性にイラマチオを求めるのでしょうか?

イラマチオ好きの男性心理を細かく17コに分けて解説していきます。

イラマチオ好きの男性心理17選

イラマチオ好きの男性心理は大きく分けると「肉体的な快感目的」「精神的な快感目的」「知的好奇心」「勘違い」だと思います

これらをさらに分解して見ていきましょう。

自分だけが気持ちよくなりたい

肉体的な快感目的の最たるものとして「自分だけが気持ちよくなればいいや」という発想でイラマチオが好きになるというもの。

特に若い男性はエッチの快感を覚えたてなので、この傾向が強くなります。

イラマチオは肉体的に女性が気持ちいい場合はほとんどなく、基本的に男性が自分勝手に気持ちよくなるためのプレイとなることが多いです。

オナホール以上の快感を得たい

肉体的な快感目的であれば、自分の手やオナホールを使って射精すればいいだけですが、せっかく彼女やセフレがいるなら利用しない手はありません。

やはり生身の他人の粘膜を使った方が肉体的な快感は倍増します。

こういった発想で「女の口を使った方がオナホよりも気持ちいい」と思った男性はイラマチオ好きになることが多いです。

自分が気持ちよくなるためだけに女性の身体を使おうとするのは、女性からしたら気分が悪いものですが、多くの男性が多かれ少なかれこう言った気持ちを抱いていると思います。

それが極端な性癖として現れる場合、こういったイラマチオ好きになることもあります。

飽きたら捨てるつもり

女性の身体をシコシコするための道具としか思っていない人は、往々にしてヤリ捨て思考を持っている場合が多いです。

すなわち「身体を使い込んで飽きたら連絡取らなくして捨てればいいや」と思っているということ。

特に若い女性を相手にしている男性はこう思うことが多いです。

その若さを利用して自分だけ快感を得て、若さが衰えてきたりしたタイミングで、その女性を手放して次の若い女性に乗り換えようという思考を持っている男性は少なくありません。

こういった男性はタチの悪いことに、こういった邪悪なヤリ捨て思考を隠すのが得意です。

「愛してるよ」「好きだよ」といった嘘のセリフで女性を惑わせてマインドコントロールし、自分の言いなりになったところでイラマチオ等のアブノーマルプレイを強要し、飽きたらヤリ捨てとバレないようにヤリ捨てるのです。

女性としてはアブノーマルなプレイを要求された時点で、少なからず身体目的で見られていることは認識しておきましょう。

セックスよりもフェラが好き

単に膣よりも口の快感が好きという男性も中にはいます。

多くの男性はフェラで射精できずセックスなら射精できるという場合が多いですが、中にはフェラの口のねっとり感の方が好きという人もいます。

こういった男性は単純にフェラ好きなので、その延長線上にイラマチオがあるというのは自然な流れかもしれません。

普通のフェラだと刺激が足りない

フェラ好きの男性だとしても、回数を重ねていくと刺激に慣れてきてしまいます。

それは肉体的な快感も含めてですが、精神的にも快感はだんだん薄くなります。

男性としてはやはり「初エッチ」の時が一番興奮度が高く、回数を重ねるごとに良い意味でも悪い意味でも飽きてきてしまいます。

そういったマンネリを解消する目的でイラマチオを試してみようと思う男性もいるでしょう。

普通のフェラで射精できないからこそ、少し強引なプレイで射精へ向かおうと思うのは男性の本能かもしれません。

支配欲・征服欲・独占欲が強い

男性は元来誰かを従属させていたいという潜在的な欲望を持っています。

支配欲・征服欲・独占欲とも呼ばれますが、男性は猿山と同じでとにかく「ボス猿」になることを目指して生きています。

ボス猿になることで他人を支配下に置き、自分の好き勝手に使役して権力を持てるわけなので、そういった地位や名誉に喜びを感じる男性は多いものです。

しかもボス猿は本能的にメス猿からモテます。

選ばれしオスということで、女性視点では遺伝子的に優れていると判断するわけです。

これは脳みその意識的な部分でもそうですが、いわゆる子宮レベルで本能的に感じている部分も大きいと思います。

女性側も権力に弱いので、支配欲・征服欲・独占欲が強い男性にとっては自分を好きになってくれた女性を支配しにかかるわけです。

その象徴として、女性の口を自分の射精ためだけに道具のように使う行為であるイラマチオを好むのです。

イラマチオを頻繁に求めてくる男性は、支配欲・征服欲・独占欲が強い性格の持ち主だと言えるでしょう。

彼女にとっての特別になりたい

イラマチオというのはやはり抵抗を持つ女性が多いもの。

しかし発想を転換してみれば、イラマチオを許してくれる女性は、自分にとって特別な存在であると言える可能性が高いです。

だからこそ男性は女性に対して少し試すような気持ちで、イラマチオをお願いしてくる場合もあると思います。

女性としては本当に信頼して愛している男性のお願いであるなら応えてあげてもいいと思いますが、まだそこまで付き合って日が浅い男性がイラマチオを望んできたら、高確率で「ヤリモク」のために付き合っていると思います。

イラマチオをお願いしてくる時期には注意しましょう。

彼女との親しさを確認したい

これも上の「彼女にとっての特別になりたい」という気持ちと似ています。

少し臆病な男性は、特別になりたいという強い気持ちよりもやや軽めに「イラマチオしても許してくれるかなあ」と思っているでしょう。

「彼女にとっての特別になりたい」というのはやはり独占欲が強い男性に多い傾向ですが、これくらいの軽い気持ちであれば「イラマチオに応えてくれようとしたその気持ちが既に嬉しい」ので、そこまでイラマチオに価値を置いていない可能性が高いです。

単に彼女との親しさを測る定規としてイラマチオをお願いしてくる男性もいるので、女性としては時期を見て応えてあげるか先延ばしにするかを決めましょう。

彼女の嫌がっている姿を見たい

これはもっとサディスティックな男性が持ちがちな発想です。

支配欲・征服欲・独占欲が強い男性は往々にして「他人が苦しんでいる姿を見るのが好き」なことが多いです。

普通の人間であれば到底苦痛は受け入れられませんが、それを無理やりにも受け入れざるを得ない状況を作り出すことで、サディスティックな欲望は満たされるのです。

特にエッチの場合、男性のチ●コは基本的に凶器です。

無理やり中出しすることで強制的に妊娠させることもできますし、男性がピストン運動をしないと女性も気持ちよくなりません。

基本的には男性主導で全て行われるのがエッチです。

こういった従属関係が生まれやすいのがエッチなので、サディスティックな男性は感覚が麻痺して更に女性を従属させて苦悶な表情をするのを待っているのです。

女性にとってこういった男性に巡り会ってしまうのは不幸なことですが、事実としてこういった男性がいるということは認識しておきましょう。

彼女に屈辱感を与えたい

「彼女の嫌がる姿を見たい」というのは、基本的には視覚的な興奮材料です。

しかし「彼女に屈辱感を与えたい」というのは、精神的に彼女より上に立って優越感を得ることによって快感を得たいという男性心理です。

精神的に他人を支配することが好きなサイコパス的な男性は、この発想でイラマチオを求めてくることがあります。

やはり普通に考えたら、女性としては男性の射精のために身体を弄ばれるのは気持ちいものではありませんよね。

そういった気持ち良くないもの・屈辱感を覚えるものの象徴として、イラマチオを求めてくるのです。

彼女からの奉仕を受けたい

サディスティック度合いが薄い男性は、単に「彼女から奉仕を受ける」ことに快感を覚える場合もあります。

もちろん支配欲・征服欲・独占欲が強いことには変わりありませんが、攻撃的・加虐的な部分がそぎ落とされた欲望だと言えるでしょう。

「あー彼女が自分のために頑張って気持ちよくさせようとしてくれてる!」と感じることが快感のため、少し可愛い欲望と言えるかもしれません。

特にショタっぽい男性は、こういったちょっと可愛く歪んだ性癖を持っていることが多いので、イラマチオを求められても優しく対応してあげると更に喜んでくれることでしょう。

精子を飲ませることが好き

サディスティックかつショタコンの男性が快感を覚えやすい事象として「精子を飲ませる」という行為があります。

サディスティックな男性は「精子を飲ませることで、自分がこの女を支配に置いた証を作りたい(マーキングしたい)」と思い、ショタの男性は「こんなに汚い精子を飲んでくれるなんて、僕をアしてくれている証拠だ!嬉しい!」と思いがちです。

この2つが入り乱れた感情の成れの果てとして「精子を飲ませたい」という行為にたどり着き、せっかくなら激しくしたいということでイラマチオを求めてくるのです。

普通のプレイに飽きている

普通にキスをして、胸を愛撫して、手マンをして、フェラをして、挿入をして、射精をする。

こういった普通のプレイに飽きてしまった男性は、やはり更にアブノーマルなプレイを要求してくることが多いです。

例えばベランダでの立ちバック、公園での青姦、縛りプレイ、目隠し、手錠などなど。

この一環として、ややレイプ気味で攻撃的なプレイであるイラマチオを求めてくる男性もいることでしょう。

愛情がどれほどあるのかは分かりませんが、二人の性生活に刺激を与えようと頑張ってくれているのかもしれませんので、この場合は好意的にとらえてあげたいですね。

野性的なプレイをしたい

自分の欲望のままに高速ピストンをする、相手のことを気を遣わず獲物をむさぼるかのように胸を揉みつくして舐めつくす…こういったプレイは野性的で時により強い興奮を与えてくれます。

イラマチオもその一つ。

理性的なうちはイラマチオを女性に求めようものなら「きっと嫌がるだろうな」「きっと傷つくだろうな」と男性側としては思うはずです。

しかしエッチをしている最中なんかに理性のベールが剝がれて本能だけが残っている場合、男性はかなり闘争本能があらわになっています。

野性的な気持ちが丸出しな男性は、女性を自分の欲望のままに使いたい気持ちでいっぱいです。

こういった野性的なプレイの一環として、無理やり自分のチ●コを女性の口にねじ込んでピストンしたがるわけです。

特に普段から控えめな性格だったり、いわゆる陰キャと呼ばれている性格だったりする男性ほど、エッチの時は反動で野性的なプレイを好む傾向があるともいわれています。

AVで見たプレイを試してみたい

これは少し頭の悪い男性がイラマチオにたどり着くパターン。

AVでは視聴している男性の興奮を誘うために、レイプ物などではしばしばイラマチオのシーンが組み込まれています。

性知識が浅い男性は、こういったAVに触発されて「どんな気持ちなんだろう?俺もやってみたい!」と思って女性にイラマチオを要求してくることがあります。

こういう男性はAV男優のプレイがエッチの正解だと思っていることが多いので、気持ち悪い言葉攻めをしてきたり、痛いくらいに早くピストンしてくる場合がほとんどです。

運悪くこういった頭の悪い男性に当たってしまったら、なるべく早く別れるのが吉です。

高速ピストンの練習をしたい

これはちょっとサイコパスな男性に多いパターン。

自分が高速に腰を振って快感を得る訓練として、女性の口を使おうというのです。

高速ピストンというのは確かに男性としては非常に強い快感をもたらしてくれるので、是非できるものならやりたいと思っています。

しかしセックスで練習しようとすると、体位的に男性側も少し窮屈な姿勢でピストンをする必要があり、思うように動かせないことも多いです。

しかしイラマチオであれば自分は仁王立ちという楽な姿勢をしたまま、女性の顔を固定して口にねじ込んでピストンすればいいので、慣れていない人でも簡単に高速ピストンをすることができます。

高速ピストンの練習台に女性の口を使おうというゲスでサイコパスな男性は、このような理由でイラマチオを求めてくるのです。

女性側も気持ちいいと勘違いしている

サイコパスというよりも単に本当に頭の悪いパターンは「きっとイラマチオは女性も気持ちいはず」と勘違いしている場合。

そんなわけありませんよね。

口の中に不潔な異物を押し込まれて、無理やり喉奥を突かれようものなら不快でしかないはずです。

マゾな女性であれば「ああ、男性の射精のための道具に使われてる…」と快感を覚えることも多いですが、それもあくまで精神的な快感。

基本的に女性にとって、イラマチオは肉体的な快感はほとんどないことは肝に銘じておくべきです。

イラマチオ好きの女性の特徴10選

さて、ここまではイラマチオを要求してくる男性心理について解説しましたが、逆にイラマチオが好きな女性というのも実はいたりします。

往々にしてマゾな性格の持ち主であることが多いわけですが、イラマチオ好きの女性の特徴をもう少し細かく分解してみましょう。

学歴が低い

少し言い方はきついですが、やはり低学歴で頭が緩い女性は貞操観念も緩い場合が多いです。

貞操観念が緩いということは、表面的なものに流されてついアブノーマルなプレイをしてしまいがちだということ。

あまり育ちが良くなくて学歴も高くない女性の中には、イラマチオに従順な女性もいたりするのです。

主体性がない

学歴が低いこととも相関しますが、概して主体性がない女性はイラマチオを受け入れやすいです。

自分で考えることが苦手なので、男性側の要求に対して対抗することができないのです。

ただ何となく生きているタイプの女性は、イラマチオを含め男性側の要求を無思考に受入れがちです。

努力が苦手で周りの雰囲気に流されがち

主体性がない人は、夢や目標がありません。

すなわち何かに向かって努力をすることができないのです。

自分自身の人生の軸がないので、周りの雰囲気に流されてただ何となくみんながやってることをやるのです。

男性側が「イラマチオしろ」と言ってきたら、その雰囲気に流されて「まあいいか」と受けれいて自分が男性の性欲処理の道具に使われることを選びます。

こういった周りの雰囲気に流されがちな女性は、イラマチオを受けて入れてくれる傾向にあります。

マインドコントロールされがち

夢や目標はあるものの、論理的な思考力より感情的な部分が強い女性は注意が必要です。

なぜならマインドコントロールされがちだから。

恋愛というのは一種のマインドコントロールですが、恋愛体質の女性は恋愛そのものを人生ととらえてしまい、恋愛への依存度が高くなる傾向にあります。

こういった女性は好きな男性ができると、途端に男性側の好きな女性像を演じようとします。

それは言い換えると「男性の都合のいい女に成り下がる」ということ。

男性側にマインドコントロールされると、それまでの常識や価値観もすべて破壊されます。

したがって「イラマチオしろよ」と言われると「イラマチオ好き」となって進んでイラマチオをする女性になっていくわけです。

服装が少しだらしない

だらしない女性は自律心が弱いので、やはり男性側の無茶な要求を受け入れていきがちになります。

イラマチオ、中出し、放置プレイ、3P、寝取られプレイなど、アブノーマルなプレイを次から次へと要求されても、素がだらしない性格なので「まあいいかー」と思って従順になってしまうのです。

だらしなさが一番現れるのは服装です。

クリーニングが掛かっていない服、糸がほつれている服、ちょっと汚れているスニーカーを履いているような女性はだらしない性格であることが多いので、イラマチオはじめアブノーマルなプレイも次第に受け入れてくれる可能性が高くなるでしょう。

常に彼氏がいる

常に彼氏がいる人は、恋愛をしていないと生きていけない女性です。

彼氏への依存度が高いとは、すなわち男性への依存度が高い女性です。

男性からの要求を呑んでしまいがちなので、イラマチオを要求されたらついつい受けれ入れてしまう女性も多いと思います。

彼氏への依存度が高い女性は、やはり男性の無茶ぶりを受けれいてくれがちです。

押しに弱い恋愛をしてきた

彼氏との付き合い方が「彼氏に好き好き迫られたから」という場合が多い女性は、往々にして押しに弱いです。

押しに弱い女性は男性の要求を断りにくい優しい性格をしているので、そこに付け込まれるわけです。

イラマチオが好きというよりは、イラマチオを要求されたら断れずしぶしぶ応じるというのがこういった女性にありがちなパターンです。

彼氏に付いていきたいタイプ

松田聖子の『赤いスイートピー』的な思考を持った女性は、男性を立てて付いていこうという思考になりがちです。

昭和の夫婦像を理想としているような男性は、女性を無意識のうちに支配したいという欲を持っています。

それの裏返しで、昭和の夫婦像を理想としているような女性は、男性に無意識のうちに支配されてもいいという風に思っています。

こういった女性はイラマチオであろうと何であろうと、男性側が喜ぶならやってあげようというのが『赤いスイートピー』的な女性です。

元カレからDVを受けていた

DV被害を受けたことのある女性は、往々にしてイラマチオであったりレイプに近いプレイを受け入れてくれることが多いです。

普通に思考が働いて自立している女性というのは、DVを受けたら異常事態だと思って逃げていくでしょうし、何よりDVをするようなクズ男に引っ掛かりません。

元カレからDVを受けていたというのは、その女性が洗脳されやすく主体性が薄い性格の持ち主である何よりの証拠です。

DVを甘んじて受けれいたわけですが、イラマチオなんて可愛いものでしょう。

AV女優のファン

明日花キララなどのAV女優のファンである女性は、イラマチオそのものに結構興味を持っている場合も多いです。

性に対して好奇心旺盛なので、時にはアブノーマルなプレイをしてみて興奮を高めたいという潜在的な欲望を持っています。

だからこそ一回目に「イラマチオをやらせてくれ」と要求したら、割と興味を持って応じてくれるはずです。

しかしここであんまり面白いと思えなかった場合、今後イラマチオに応じてくれなくなる可能性が高くなります。

したがってAV女優好きで性に対する関心が強い女性の場合は、序盤はイラマチオは軽めにやることを心がけましょう。

そうすることによって段々感覚が麻痺してくるので、麻痺してきた頃に少し強めのイラマチオをしてもばれません。

イラマチオにまつわる心理・特徴まとめ

以上、イラマチオ好きな男性心理やイラマチオ好きな女性の特徴をまとめてみました。

お互いが合意したうえでのプレイであるならいいのですが、時に男性が攻撃的なプレイで要求してくることも多いのがイラマチオです。

女性は男性側の意図をしっかり見極め、男性側は女性側との親密度だったりをしっかり見たうえでイラマチオをお願いするようにしましょう。

イラマチオ好きの女性と出会うには?

ゲスな話ですが、男性としてはイラマチオを一回やってみたいという欲望を持っている人も多いでしょう。

イラマチオ好きな女性と相対的に出会える可能性が高いのは、やはりマッチングアプリを使うことでしょう。

マッチングアプリを使う女性は恋愛に飢えているほか、一定危険を孕んでいるネット上での出会いに抵抗がない時点で、割と男性に寛容であることが多いです。

イラマチオに興味のある男性は、以下のようなマッチングアプリを使ってみましょう!

PCMAX

PCMAXは登録会員数1,500万人突破の優良マッチングアプリです。

恋人からセフレ探しまで幅広いニーズに応える最高のマッチングアプリであり、ラブマニ編集部メンバーもPCMAXで多くの美女と出会ってきています。

創業年は2008年であり、10年以上も健全な運営を続けている老舗マッチングアプリです。

一番カジュアルに出会いを求めている女性が多いマッチングアプリであり、素人女性とマッチしたら確実にヤれます。

ハッピーメール

ハッピーメールはもしかすると出会い系サイトの代名詞として有名かもしれません。

というのも創業から40年以上も続いている老舗会社が運営している出会い系サイトであり、マッチングアプリと名称が変わってきた今もずっとユーザーに愛されているマッチングアプリだからです。

PCMAXに次いでカジュアルな出会いを求めている女性が多い印象があり、ラブマニ編集部もセフレ探しには大変重宝しているマッチングアプリです!

ワクワクメール

ワクワクメールは、20年以上も運営されている出会い系サイト/マッチングアプリです。

PairsやOmiai等の新興マッチングアプリと比較して、昔ながらのエッチな雰囲気を残すのが特徴で、出会ってからセックスできる確率が非常に高いマッチングアプリです。

ヤれる出会い系アプリとして語り継がれてきたワクワクメールですが、噂通りの結果が出ます。

PCMAX、ハッピーメール等とサービス設計は似ているので、是非並行して登録してみるようにしましょう!

イククル

PCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールより一段知名度は落ちますが、イククルも結構出会えるアプリとして有名です。

PCMAX等はどちらかというと遊び目的・セックス目的の女性が多いイメージですが、イククルはもう少しクリーンな感じの出会いを求めている女性が多い印象です。

ですのでセックス目的で出会う際は「彼女を探してます」というような顔をして、付き合う程でセックスすることを心がけましょう。

Cross Me

Cross Meはサイバーエージェントが運営しているすれ違い検出型のマッチングアプリです。

アプリをインストールした男女がすれ違うと「すれ違いました!」とアラートが鳴り、そこでお互いが良いなと思ってマッチするとメッセージを始められるアプリです。

PCMAX等と違って月額制である点が特徴ですが、Cross Meは生活区域が近い女性とマッチング出来る可能性が高く、マッチングした後に継続的に出会うことが出来るようになる点で、セフレ探しには結構使えるマッチングアプリです。

普通のマッチングアプリでなく、少し変わり種のマッチングアプリを楽しみたい人はぜひ登録してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました